© 2018 Tsubame Bobbin

サイト内の画像及びテキストの無断転載・複製などはご遠慮ください

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

淡水パールとチェーンの羽織紐

February 19, 2019

ここ数年、雑貨店などで淡水パールのアクセサリーに目が留まるようになりました。

本真珠よりもほどよくカジュアルで、つけやすいのにどこか凛とした気品があって。

製作を始めてからは、そのうち使ってみたいなぁと思いつつ、素材からインスピレーションを得ることの多い私はさまざまな素材に目移りして、シンプルで楚々とした淡水パールのことは頭の片隅に追いやられてしまっていたようで、、、。

 

春待ちの季節になり、きれいな色や明るめの色に眼がいくようになった最近、ここ何年か試作を繰り返しながらも最終的な形にはできていなかった羽織紐を淡水パールでつくってみようと思い立ちました。

 

素材を探しに出かけてみると、思っていたよりも雰囲気のいいきれいなものや、変わったものが次々と見つかり、すっかり楽しくなってしまって。

実は淡水パールは少し上品すぎるかな、という思いもあったのですが、チェーンと組み合わせることで品を保ちつつもほどよくくだけ、カジュアルキモノにもちょっと華やかなお出かけキモノにも合わせられるような羽織紐ができました。

常々思っていることですが、羽織紐の長さの設定というのはなかなか難しく、短かすぎればパツパツになり、かといって長すぎても衿がずり落ちてしまったり、たるみ過ぎて邪魔になったり…。

着用される方の性別や体型、着方、好みなどに大きく左右されるので、一律に決まった正解はないというのが、今のところの私の見解。

それでも、できるだけ美しい形で、と試作していたのが、チェーンと飾りをダブルにする今回の形でした。

パールよりもチェーンを少し短めにすることで、広がった時にもチェーンだけが引っ張られ、パールのきれいなたるみはそのまま。

チェーンには少し変わったボールチェーンで装飾も兼ね、太めのものを使うことである程度の強度も。

パールとチェーンの両方がたるんだ状態もきれいです。

 

長さの問題がこれで解決したわけではないのですが、ひとつの提案として。

最近はジュエリークロッシェの羽織紐やタッセル羽織紐なども、少しずつ長さのバリエーションをもたせつつあります。

 

21日からの東急プラザ銀座のリミテッドショップでは、実際にお手にとってご試着もできますので、お気軽にお声がけくださいませ♪

早くも明後日からに迫り、先ほどようやく会場への荷出しを終えました。

木曜日より、お待ちしています!

 

アクセサリーとキモノコモノ

つばめボビン Limited Shop

2月21日(木)〜3月6日(水)11時〜21時

※2月25日は全館休館

東急プラザ銀座 4階 HINKA RINKA 2nd 

東京都中央区銀座 5-2-1  ※地下鉄C2、C3出口すぐ

 

/// 在店予定 ///=========

2/21(木)11:00〜17:00

2/22(金)14:30〜21:00

2/23(土)11:00〜17:00

2/24(日)不在

2/25(月)休館日

2/26(火)11:00〜17:00

2/27(水)不在

2/28(木)14:30〜21:00

3/1(金)11:00〜17:00

3/2(土)11:00〜17:00

3/3(日)不在

3/4(月)11:00〜17:00

3/5(火)11:00〜17:00

3/6(水)夕方以降在店

※諸事情により、変更になる場合もあります。時間により、休憩の中座などあり。

=====================

 

 

 

Please reload

Please reload

Archive

Category