絞りのゆかた×紗献上

いや〜、サッカー勝ちましたねぇ。W杯予選突破! スポーツ観戦なんて爽やかな趣味とは縁の薄い私も、サッカー日本代表の試合だけは、真夜中だろうが旅先だろうがTVにかじりついて応援したくなってしまうのです。 今回も感動しましたよ〜! 若い力がね! 来年の楽しみがまた増えて、本当に嬉しいです♪ さて、オンラインショップの更新はお休み中ですが、作品のほうは地味に細々と秋の準備を進行中。書きたいことは色々とあるのですが、その前に、8月のゆかたコーデ記録を。 ここ数年我が家の恒例行事になった、高円寺の阿波踊り鑑賞。 でも本番の土日はとても混むので、観に行くのは専らゆったりと鑑賞できる前夜祭の「ふれおどり」。

親子とんぼ柄の絞りゆかた(はちす)に、今年初めて買ってみた博多・紗献上の薄ピンクの半幅帯。

いつもゆかたでは小袋帯みたいな袷の博多が多いので、この薄さ、軽さに感動!

こんなに薄くてもちゃんと締まるんですね〜。

絞りの凹凸とも相俟って、やはり涼しいような気もします。 帯留は、おかげさまでこのところ和楽市さんでご好評をいただいている、チェコのガラスボタン。

さらに、染めのアゲートを使った天然石とパールの帯飾り

絞りのゆかたは着心地が柔らかくて、お手入れも楽々で大好き♪ 久しぶりに着たらちょっと派手な気がしておっ、となりましたが(苦笑)、やっぱり肌感覚で気持ちいいな〜と実感。 夏ももう終わるというのに、にわかに絞り熱が再燃の予感。マズイ。。。

そしてバッグは、帯のレモン色のラインとのリンクで(ちょっと違うけど、そして天地も逆・笑)、黄色のモダン柄ビーズバッグ。

口金の形が変わっていて、チェーンとクラッチの2way仕様。

相方は、両面染めの幾何学模様?のゆかた(ちどり屋)に、夏物のチェックの角帯(たんす屋)を貝の口で。 最近は片ばさみが多いのですが、この柄には貝の口のほうが合うような。ちょっとリボンみたいで。

この日は銀座の和楽市さんにブローチ/帯留を納品予定だったので、踊りの前に銀座まで。 さっそくご紹介ありがとうございます♪ 季節外れのうちわまで載せていただいて(笑)。 最近はすっかり、通りすがりのおばさまにも褒めていただけなくなった(笑)相方のこともたくさんお褒めいただいて、ありがとうございます! 喜んでおりました。。。

★ここでお得な情報★ キモノ和楽市銀座店さんの入るアンティークモール銀座では、9月10日まで開館16周年の大感謝祭を開催中!

和楽市さんでもお得なセールほか、いろいろと愉しい企画があるそうです♪ 詳しくは和楽市銀座店さんのブログにて。 この機会に、ぜひお出かけください☆

そしてそして、高円寺阿波踊り。 阿波踊りでは「連」と呼ばれる踊りのグループがいくつもあるのですが、動きや鳴り物が激しいところ、しっとりと優美なところ、元気がいいところなど、連によってさまざまな演出や特徴があって。 私が個人的に好きなのは、「飛鳥連」と「江戸っ子連」。 高円寺の阿波踊りを観に行くようになったのも、しっとりと情感のある飛鳥連の動きの美しさに魅せられたことがきっかけ。

一方、「江戸っ子連」は、大好きな映画『集金旅行』(中村登監督・1957年公開)のラストシーンで、岡田茉莉子さんがやってる阿波踊りじゃ!? …と遅まきながら昨年気がつきまして。 その躍動感と迫力ある動きは、見ていてとても気持ちのいいものです♪

近年、混雑する花火や夏祭りなどにはめっきり足が遠のいている我が家の唯一の夏のお祭り。

そうして今年も夏が暮れてゆくのでした。。。

Archive

Category